koeerü

ニュース

訪日外国人や海外の日本食ファンのコミュニティ化による越境ECに特化したCRMシステムを活用した新たなビジネスモデル共創パートナー募集

神奈川県に拠点を持ち、オープンイノベーションに取り組む企業との共創に繋がる出会いを生み出す「BAK PARTNERS CONNECT 2022」にて、Koeerüは訪日外国人や海外の日本食ファンのコミュニティ化による越境ECに特化したCRMシステムを活用した新たなビジネスモデル共創パートナー募集いたします。

解決したい課題

越境EC市場への進出が容易になる一方で、進出後に日本商品に対する購買意欲が高い層(例:インバウンド観光客)が求める情報や商品を届ける、つまりは「売れ続ける」仕組みを構築できていないことが、課題になっていると感じています。

解決策として、日本の食に関心がある層をコミュニティ化し(越境EC潜在層)、越境EC関連企業が、コミュニティ内で自社の商品のファンを増やしていくCRMの仕組みの構築が必要だと考えます。これにより、事業者は自社でコミュニティを構築することなく、越境ECの売れ続ける仕組みの一歩を踏み出すことができます。

ECに特化した顧客データ基盤(CDP)の構築や訪日ファンのコミュニティ化によるCRMを構築するスタートアップ株式会社Koeerü(コエル)は、JETRO主催の令和4年度中堅・中⼩企業輸出ビジネスモデル調査・実証事業費補助⾦採択事業に採択頂き、越境ECでも特に需要が高い日本の食に関心があるファン層と日本の食関連の商品を輸出する事業者をつなぐコミュニティ<tabeerü (タベル)>を構築し、越境EC事業者がファンに対して直接マーケティングを行うことができるCRMの仕組みを開発しました。

今回募集する共創パートナーは、この越境ECに特化したCRMシステムを活用し、越境ECに既に挑戦している企業、あるいは今後挑戦したい企業、またはそれらの企業を支援している地域商社や自治体やDMO、越境EC関連のデータに関心が高い企業と共に共創プロジェクトの創出を目指します。

求める企業

  • 越境ECで既に自社商品を海外に販売している企業、あるいは今後越境ECや海外の消費者の声をベースとするグローバルマーケティングに興味がある企業
  • 訪日外国人の越境EC利用による地域への関係人口消費を増やすことをロードマップに落とし込んでいる自治体やDMO、地域商社など
  • 越境ECコンサルタントやグローバルマーケティング、ブランディングなど、越境ECのCRMでアクセスできるデータを活用した施策に興味がある企業

提供リソース

  • 越境EC-CRMシステム
  • 顧客の声(VOC)を収集するシステム(VOC Collector)
  • VOCとファーストパーティ(1st Party Cookie, CRM, POSなど)と連携するシステム(VOC Connector)
  • 顧客データ基盤(CDP)
  • CDP内のデータ分析を可視化するBIツール(VOC Visualizer)
  • CDPのデータを活用したセグメントに対するダイレクトマーケティング(VOC Direct)やデジタルマーケティング(VOC AD-Connect)など
  • CRMに連携する自社で開発するVOC関連のプロダクトグローバルマーケティングに関するノウハウ

共創で実現したいこと

現在、越境ECに特化したCRMシステムを開発しており、そのプロトタイプの実証事業(POC)をEC事業者と2023年1月中旬に実施し、プロトタイプを完成させる予定です。

共創パートナーと実現したいことは、POC以降のCRMシステムの拡張と、ビジネス化に向けたビジネスモデルの構築です。

ご興味のある方はこちらより詳細をご覧ください。

キーワードから探す
栃木県JICASurvey for Good長野県CDO Blogソーシャルビジネストップニューストップ記事トップ事例ニュース観光ホテルマーケティング記事

新着情報をメールで受け取る

ニュースレターにご登録いただくと、新着情報やWebセミナー、イベントの情報をお届けします。

top

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーやイベントのご案内を受信する

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーや
イベントのご案内を受信する

Download
Now