koeerü

スマートシティ/自治体/観光地域づくり法人(DMO)

市民ウェルビーングの向上と観光客体験の最適化による持続可能なまちづくりを実現​

市民や観光客との接点を活用し、地域で共創するアンケートやファンコミュニティによる顧客の声(VOC)に特化したデータの収集から、自社・外部データとの連携、統合・分析、活用するデータプラットフォーム​

デジタルからDX(デジタルトランスフォーメーション)へ

市民・観光客目線のスマートシティ推進事
業が抱える顧客の声(VOC)の課題

オンラインアンケートやSNSの活用など、顧客の声(VOC)収集のデジタル化が進む中、市民や観光客の声を活用した意思決定にDXが進まない理由とは?

①データの偏り:
従来の一方的な声の収集方法では、サイレントマジョリティー(声なき多数派)の声がなかなか集まらないため、一部の声をベースに意思決定がされている。​

​②分析ができてない:
市民や観光客との接点で収集するデータがサイロ化して管理されているため、包括的な分析ができていない。​

③情報の活用ができていない:​
せっかく声を提供してくれた市民や観光客に対して、データを活用し顧客(ここでは市民・観光客)が求めるパーソナライズされた情報配信に活かしきれていない。​

Koeerü のサイレントマジョリティー(声なき多数派)の声を収集する方法とは?​

Koeerüは、声を収集する側のみならず、実際に声を提供する市民や観光客の立場によって異なるニーズに目を向け、サイレントマジョリティー(声なき多数派)の声を収集するシステムを開発しています。

Koeerüと従来のVOC収集システムとでは何が違うのか?

従来のシステムでは活用する一部のユーザーの利便性にのみ特化した機能を重視する一方で、実際に収集したデータの質や量に課題が多くありました。​​

Koeerüは、データ収集から管理、分析、活用までのプロセスに関わるユーザー、データを提供する側のさまざまな立場のユーザー、また両者のニーズやモチベーションに目を向け、効率性のみならずデータの質や量を確保するための課題を解決しています。

Koeerü のデータを管理し効率的に共有する方法とは?​​

従来のVOCシステムでは難しい、データ管理のサイロ化や共有の非効率性を解決します。

過去のアンケート、ウェブサイトやSNS経由のお問い合わせ、調査会社のデータ等、自治体やDMOは既に多くの顧客の声を持っているのに、異なる形式のデータが複数のシステムで管理されている場合が多くあります。

その結果、データの重複や同じようなアンケートを複数の部署で行う、個人情報が正しく管理されていないなどの課題が多くあります。この状態で新たな声を収集する仕組みを構築しても、新たにサイロ化(部署やシステムが独立してデータを個別に管理している状態)するデータを増やしてしまう結果になります。​​

Koeerüは、自治体やDMOのデータの収集から管理、活用までの現状と課題を明らかにし、まずはこうした状態のデータ管理を統合する仕組みからスタート。その上で新たにデータを収集する方法を段階的に構築していきます。

Koeerü の収集・連携した顧客の『声』をパーソナライズ施策につなげる方法とは?​

収集した市民や観光客の声を分析のみで終わらせず、『適切』な情報を『適切』な人に『適切』なタイミングで伝えるには?​

Koeerü は、市民や観光客が自ら提供する顧客の声(VOC)の収集のみならず、分析したデータを活用し、パーソナライズされた情報伝達や顧客体験(CX)の改善につなげる仕組みを構築しています。​​

統合したデータを分析し、顧客体験を可視化するダッシュボードをデザインします。CX施策や、同意を元に取得した個人情報を外部データ基盤やマーケティングオートメ―ションシステム(MA)と連携したデジタルマーケティングに活かすことができます。​

Koeerüについてさらに詳しく知りたい方は、会社概要をダウンロードしてください。​

Koeerüのソリューションをさらに知りたい方は、ご連絡お待ちしています。​

メールでのお問合せ >
top

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーやイベントのご案内を受信する

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーや
イベントのご案内を受信する

Download
Now