koeerü

観光客体験のプラットフォーム​

観光客と地域の人のニーズと現状を把握する​

Koeerüのデータプラットフォームは、レストランやホテルなど様々なタッチポイントでお客様の要望を把握し、観光体験の満足度を向上させるためデータを収集します。多言語対応ができるため、訪日旅行者(インバウンド)も対応可能です。​

デジタルからDX(デジタルトランスフォーメーション)へ

観光客と地域が持続可能な
関係を作る方法​

観光関連の企業や自治体は、観光客の増加だけではなく、リピーターとなりその地域の『ファン』になってもらえるような体験を提供することがキーポイントになっています。Koeerüでは観光客満足度を把握できるプラットフォームを活用することで、複数のタッチポイントから観光客の『声』を集めることができます。

その『声』を活用することで、観光客にとってより魅力的な体験を提供することで、観光客が地域を豊かにしてくれる流れを作り出し『ファン』になっていただける関係を作り出します。

顧客の声(VOC)と観光事業のつながりは?

観光客がどこを訪れ、どこのホテルを利用し、どこで食事をするかのプランニングは『価格』『アクセス面』『クチコミ(レビュー)』など様々な要素に影響されます。Koeerüは、複数のタッチポイントで観光客から『声』を収集し、データを結びつけることで、観光客がタビマエ、タビナカ、タビアトにどのように感じているかを分析することができます。

データ収集の偏りの課題を解決するために

従来の顧客満足度調査は、お客様が商品を購入時または旅行を体験した後のデータしか収集していませんでした。そのため、調査に参加いただける方はその体験に「とても満足した人」または「とても不満に思っている人」のどちらかが多く、サイレントマジョリティー(声なき多数派)が含まれていないのが現状です。そのためリアルなニーズを把握できず、企業や自治体はどんな施策を打っていけばいいかわからない課題点があります。​

この課題に対しKoeerüは、観光客と企業・自治体を『声』で結び付け、互いにコミュニケーションを取れる環境を実現します。

Koeerüはどのようにデータを管理・活用でるようにするのか?

観光客のリアルな『声』に基づいた『データ』をダイレクトに届ける​

お客様目線で設計したデータの活用

数多くのホテルやレストラン、旅行会社から「データがないのではなく、データを活用できていないことが問題」という課題点が挙げられていました。Koeerüではその課題に関して、現場担当者や地域マネージャーなど様々なステークホルダーに対しヒアリングを行い、一人一人のニーズを考慮したカスタマイズシステムを設計しています。

従来あったデータ活用に関して「使いにくい」「本部の人しか使えない」という課題点は過去の話です。​

Koeerüの『データ』を活用してどう発展させていくのか?

観光客のリアルな『声』と『ゼロパーティデータ』の連携​

『データ』を分析から施策につなげていく

データを実際の施策につなげていくためにはデータに対する信頼性が重要になってきます。Koeerü は、信頼性を提供するための重要な要素として、ゼロパーティーデータ、つまりユーザーから自発的に提供されるデータを使用しています。収集したデータを、新たなアイデアにつなげたり、マーケティング分析に活用したり、ターゲティングのためのペルソナを構築するなど、さまざまな方法でデータを活用していくことができます。​

Koeerüについてさらに詳しく知りたい方は、会社概要をダウンロードしてください。​

Koeerüのソリューションをさらに知りたい方は、ご連絡お待ちしています。​

メールでのお問合せ >
top

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーやイベントのご案内を受信する

Keep Me
Updated

新着情報や技術情報、Webセミナーや
イベントのご案内を受信する

Download
Now